美容外科は自身の希望に合った顔や身体になるために、今持っている自信の身体に少してを加える事で美しい自分を手に入れる事ができるかもしれない、魔法の技術なのです。

ヒアルロン酸注入法による豊胸手術

ヒアルロン酸注入法による豊胸手術は数年ほどで元の状態に戻ってしまうものもあります。
そのかわり、手術はいたって楽なものです。

そして、反対にしっかりと切開を行う豊胸手術なら手術を行う時の負担は大きなものです。体を切開する事になるので、ある程度の痛みは発生する事になるでしょう。

しかし、美しい胸の持続性はあると言えます。

手術の違いにとって全く違った特徴があります。
自分にはどの豊胸手術がふさわしいのかをじっくりと考えましょう。

豊胸はメンテナンスも重要に

豊胸でも、シリコンを入れる方法以外にヒアルロン酸を注射する、もしくは脂肪を注入して貰う場合は、メンテナンスを行ってもらう必要があります。メンテナンスを行わないまま放置していると、サイズが小さくなってきたり、胸が固くなっているような印象を持ってしまいます。

ちょっとした変化を胸に感じている時は、速やかに美容外科に相談してください。美容整形を行っているクリニックで確認してもらい、豊胸を再度行ってもらうか、ヒアルロン酸の注射などでサイズを整えてしまうと良いです。また、シリコンを入れている女性の場合は、痛みが強くなったら美容外科に相談してください。

豊胸をしている女性は下着に注意

豊胸を行っている女性は、下着のサイズが劇的に変わってしまいます。特にブラジャーのサイズには気をつけてください。痩せている状態で胸が大きな感じに仕上がっているので、普通の下着のサイズよりも大きく考えないと胸が入り切らないのです。

また、ワイヤーの入っているブラジャーは、豊胸を行ったばかりの時点では痛みが強くなってしまいます。胸を大きくしている女性は、まずノンワイヤーのブラジャーなどを考えてください。次にワイヤーの入っているブラジャーを考えていく際には、普段よりも少し大きなサイズを着用して、問題なく胸を固定できているかチェックしておくのです。

比較して安心な豊胸手術の知識を身につけよう

年齢を重ねてサイズがダウンしてしまった、もっと大きくしたい、谷間が欲しい、などバストに関する悩みは人それぞれです。筋トレやバストアップ体操では理想のカップにするのは簡単ではなく難しいです。

そんな女性の強い味方が美容整形のクリニックで受ける豊胸手術です。しかし簡単に手術と言っても何種類もあるのです。シリコンバック、ヒアルロン酸注入、自分自身の脂肪注入など完成の形、傷あと、手術時間など比較検討することが結構あります。どの豊胸手術や施術を受けるにしても、重要なのは実績の多い評判の良い美容クリニックで受けないといけません。

いくつかある豊胸手術について

豊胸手術にはいくつかの種類と方法があります。傷がほとんどつかないものから手術ですからメスを使い縫うものまであります。ヒアルロン酸注入・自分自身の脂肪注入からしっかりとシリコンバックを入れるものまであるのです。

カップやサイズを大きくしたい場合はどうしてもシリコンバックになります。両脇の下を小さく切開してシリコンバックを入れます。確実にサイズアップすることができ、また取り出す事もできますがシリコンバックの種類により破損して中身が漏れる事もあります。また、ひきつれやツッパリ感が残る場合もあるので、あまりカップのアップにこだわりがないのであれば脂肪注入などがいいかもしれません。

バストアップクリームで豊胸

サプリメントや栄養管理、豊胸手術など、バストアップの方法はいくつかありますが、その中のひとつにバストアップクリームというものがあります。クリームの中には女性ホルモンの分泌を促進する成分や、胸の脂肪を増やす成分などが含まれているので、塗ることでバストアップの効果を期待できます。

おすすめの使用方法は、血行の良いお風呂上がりなどにマッサージをしながら塗ることです。マッサージとクリームの相乗効果で、さらなるバストアップの効果が期待できます。ただし、豊胸手術のような即効性はないため、継続してクリームを使用しなければなりません。

豊胸関連

メニュー

大阪の美容外科HOME 美容外科 美容整形 隆鼻 脂肪吸引 豊胸 二重整形